プログラミング学習 事前に確認しておきたいこと

PC
悩み人
悩み人

プログラミングの学習を始めたけどそもそも学び方が分からない。

ノートを作って学習すべき?

どのエディタが良いの?

この記事では全くの初心者である筆者がプログラミング(Python)学習を進めるなかで得た気付きをまとめています。

プログラミング学習は暗記するものではない

プログラミングは暗記するタイプの学習ではありません。

なぜなら、プログラムを開発するときにはインターネットを利用してコードを調べても良いし、過去に作成したプログラムを使いまわすこともできるからです。

プログラミングにおいて重要なことは作成したプログラムによって目的を達成することなんです。そのため過程についてこうでなければならないというものはありません。

暗記をするのではなく仕組みや理論を頭に入れることが重要です。

仕組みや理論が分かれば新しい言語の習得にも応用できます。

手書きノートの作成は効率が悪い

学生時代には国語、数学、理科など各科目ごとにノートを作る勉強法が主流です。

しかし、プログラミングにおいてノートを作成することは非常に効率が悪いです。

プログラミングを行うときは、記述するコードが長くなることも多々あります。

ノートに手書きでコードを記入するのは大変ですし、苦労して記入してもコピー&ペーストすることが出来ません

コードは使いまわして使うことも多いので、コピー&ペースト出来ないのは致命的です。

そこでオススメなのはデジタルデータとしてメモを残しておく方法です。

この方法については筆者もどんなサービスを使うのが一番都合が良いのか悩みました。

重要視したのは下記のことです。

  • 検索ができる
  • シンタックスハイライト(コードの属性に応じて色分けされる機能)対応
  • マークダウン記法に対応
  • 作成できるメモの数に制限がない

探してみるとこれらの条件を満たすサービスはなかなか見つからず、苦労しました。

そこで最終的に取り入れたのがメジャーな開発ソフトであるVisual Studio Codeの拡張機能、VS NOTESです。

メジャーなエディタ

  • Visual Studio Code
  • Jupyter lab
  • Google Colaboratory

それぞれ特徴はありますが、一番オススメするのはVisual Studio Codeです。

先にも記述した通り、VS NOTESという拡張機能があることが一番の理由です。

筆者は環境構築の学習の一環で上記3つのエディタを体験しました。

学習方法

調べてみると学習方法には大きく下記のものがあります。

  • オンライン講座
  • 書籍
  • Youtube
  • ブログ

個人的には無理してオンライン講座を受ける必要は無いように思います。

筆者はオンライン講座(有料のもの)は受講しておらず、電子書籍とYoutube、ブログといった無料、あるいは比較的低価格な出費しかしていません。安いものから受講してみましょう。

電子書籍を購入してそのテーマに沿って学習を進め、Youtubeやブログで深堀していくという学習スタイルです。

とはいえ筆者もまだまだ初心者ですので、学習スタイルについては模索中です。

何か作りたいものを決めて簡単なものを作り、少しずつバージョンアップしていって機能を追加していくというような作り方をすると成長できるはずです。

利用した書籍紹介

  • Python1年生
  • ブラウザだけで学べる シゴトで役立つやさしいPython入門
  • シゴトがはかどる Python自動処理の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました