家計簿ノートはもう卒業!!家計簿アプリへの乗り換えメリット

家計簿

本屋で売っている家計簿ノートを付けていても家計が改善できない。

家計簿ノートを後から見ても傾向がつかめない。

ノートに記録して終わりになってしまう。

そもそも集計が面倒。

本屋さんで売っているような家計簿ノートを使っている人は多いと思います。
お店に行くと家計簿のコーナーがあって様々なノートが売っていますよね。
でも家計簿ノートって実際に使ってみると記録しただけで終わってしまいがちです。
本当にそれで良いのでしょうか?
今回は家計簿ノートを卒業して家計簿アプリを使うメリットを紹介します。

目次

そもそも家計簿ノートは購入する必要がある

家計簿をつける目的のひとつは無駄な支出を把握することだと思います。
必要のない支出はなるべく減らしていきたいですよね?
それなのにその目的を達成するために家計簿ノートを購入していては本末転倒です。
コストパフォーマンスの面から見ても家計簿ノートを購入するより家計簿アプリを使うほうがメリットが大きいのです。

家計簿アプリにおけるデジタルのメリット

家計簿はつけていても振り返りをして傾向や対策をとっていなければ家計が改善できません。
振り返りという観点から見た場合も家計簿アプリはとても効率が良いので、特に便利な特徴について紹介します。

検索

家計簿アプリを使っているとお金の動きベースで過去にしていたことを調べることが出来ます。

例えば

  • 散髪に行った日付
  • 旅行に行った日付
  • お祝い金などをいつ頃、誰に、いくら渡したか

このようなことが一瞬で検索でき、非常に便利です。
何か行動をして金銭が動いたときに記録として残しておくと、後から日記のように振り返ることが出来ます。
家計簿ノートでは記録はできても、必要な情報を一瞬で振り返ることはできません。
アプリならではのメリットと言えるでしょう。

グラフで確認

この機能が最も役に立つのは変動費を把握したいときです。
電気代やガス代、食費などはグラフで確認しておきたい項目ですよね。
しかしグラフは家計簿ノートでは当然確認できません。

集計

家計簿ノートでは電卓を使って自分で集計しなければなりません。
家計簿アプリならデータ入力をするだけでその都度自動で集計されます。
目的は家計管理なのに集計なんかに時間を取られてる場合じゃありませんよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
家計簿ノートを卒業して家計簿アプリに乗り換えるメリットを紹介させていただきました。
どうしてもアナログ媒体の家計簿ノートは振り返り作業には適していません。
せっかく家計簿をつけるのであれば記録ではなく振り返りに力を入れていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました