家計簿が続かない人の対処法

家計簿

家計簿をつけ始めたけど続かないってこと多いですよね。

  • 性格がズボラ
  • 忙しくて時間がない
  • そもそもどうやってつけたら良いかわからない

など理由は様々です。

しかし、家計簿ってそもそもそこまで敷居が高いものではないはずなんです。

企業や個人事業主は帳簿をつけるのが当たり前です。
帳簿で管理していない人が多いのはサラリーマンくらいのものじゃないでしょうか?

つまり、日本では帳簿をつけることの方がスタンダードなんです。
とはいえ、帳簿をつけなくても年末調整で納税まで済んでしまうため、必要性を感じないという気持ちもわかります。

しかし、少なくともこのブログを見ているということは今の家計に何かしらの不安や疑問を抱えていることと思います。
家計簿を継続することであなたの不安や疑問は少なからず解消するはずです。
この記事では家計簿を継続させるための方法を紹介します。

この記事をオススメする人

  • 生活はできているが資産が増えているかどうか確認したい
  • 何にいくら使っていて、そこに無駄な支出が無いか確認したい
  • 既に家計簿を始めているが、面倒な作業や判断が多くて辛い

月1回でOK! 資産の合計を記録すれば増減が見えてくる

「ちゃんと貯金できているか確認したい」という方は定期的に資産の残高を集計しましょう。
なぜなら資産の増減は定期的に残高を記録していけば確認できるからです。
具体的には現金や預金の口座残高、投資額を資産として合計します。

気を付けるべき点
ローンやクレジットカードの支払い額は資産の額から引きましょう。
これらは負債なのでいずれ無くなる予定のお金なので資産に含めてはいけません。

この方法は月に1回資産を集計するだけです。
それ以外のことをする必要はありません。
資産の増減の管理という目的が果たせているのでこれでも立派な家計簿です。

スマホアプリを使えば資産の増減に加え、収支も管理できる

「増減だけでなく収支も把握したい」という方は、複式簿記という方法を導入しなければなりません。複式簿記をノートなどアナログ媒体で管理しようとすると一気に難易度が上がるのでスマホアプリを使いましょう。

収支を管理するために最低限必要な作業

  • 給料など収入の入力
  • レシートの入力
  • クレジットカード明細の入力

しかし、これらすべてを入力して月末に残高を合わせるのは容易ではありません。
最終的に残高を合わせることを目標にするのはやめましょう。
小さい金額にこだわっていても時間の無駄です。
比較的大きな金額のみ記録して残高の差額についてはその他費用や、使途不明金等という逃げ道を作っておきましょう。

費目を必要最低限に抑えることも効果があります。
消費、浪費、投資の三つに分けるのも管理しやすくておすすめです。
適度に手を抜いても家計簿は出来上がります。

家計簿の目的は?精度に応じて増加する作業量

家計簿の目的は家計を把握することです。
細かく管理するとなるとやはり作業量も増えます。
作業量が増えるとどうしても面倒くさくなって続かないものです。
自分に合った家計簿の精度を知ることが継続の近道です。
家計簿をつけることが目的にならないように気を付けましょう。

まとめ

  • 残高だけを記録して増減を管理する方法
  • スマホアプリを使って複式簿記で管理する方法
  • 大きく二つの方法をオススメするが、家計簿は適度に手を抜いてでも続けることが重要

コメント

タイトルとURLをコピーしました