経理職は常に転職を意識して過ごすべき

Uncategorized

これからもずっと同じ会社で働くべき?

今の仕事にやりがいを感じているならその仕事を続けていくべきです。
しかし、現在仕事に対する不安が少しでもあるのなら転職を視野に入れて過ごした方がいいかもしれません。
経理職は専門性が高い仕事なので現在の会社で身に付けた能力を他の会社でも活かしやすいのです。
もちろん全く同じというわけにはいきませんが、根本的な部分は同じであることが多いです。
だから転職のハードルを上げすぎず、今以上の好条件で働ける環境を探すことが重要です。

目次

経理職の需要

どんな企業でも必ずお金のやり取りが発生します。
なぜなら企業は営利目的であり、お金を稼ぐために存在しているからです。
そのため企業には経理の知識を持つ人が必要不可欠です。
つまり経理はどの業種からも一定の需要があるのです。
たとえ今の職場の環境が悪くてもいくらでも異なる環境を選ぶことができるのです。

経理職の求人

経理職はどの業種を選ぶことも可能ですが、もちろん空きがあればの話です。
経理求人で厄介なのは企業において大人数を必要としていないことです。
そのため経理職求人は常にチェックしておき今以上の労働条件を見つけた場合は積極的に分析していくのが良いです。

経理の業界は少ない椅子を取り合う『椅子取りゲーム状態』なので、常に求人情報を収集することが重要なのです。

資格

経理職に就くときに簿記の資格必要不可欠と言っても過言ではありません。
具体的には日商簿記検定の2級を取得しておくのが一番コスパが良いです。

なぜなら求人の条件とされている数が最も多いからです。

上場企業でなければ2級を取得しておけば大抵の求人条件はクリアできます。
もちろんそれ以上の資格を取得していればより良い条件の求人がありますが、2級の上位資格の壁は厚いです。
だからこそ価値があるのですが、資格よりも経験が求められるというのも事実です。
まずはどこかの会社で経理としての経験を積みつつ、上位資格の取得を目指していくのが良いです。

まとめ

経理職が転職を常に視野に入れるべき理由は以下の4点です。

  • 経理職は企業にとって必ず必要
  • しかし必要とされる人数は企業全体から見れば少人数
  • 入れ替わりが少ない職種のため少ない椅子を取り合う現状
  • 簿記の能力は一定以上あればよく、経験と転職タイミングが重要

コメント

タイトルとURLをコピーしました