家計簿に応用したい決算書(貸借対照表・損益計算書)

貸借対照表や損益計算書なんて初めて聞いた。
見るからに難しそう。
どんなものなの?
よくわからないけど家計簿に応用できるの?

簿記を全く知らない人にとって『貸借対照表』や『損益計算書』という言葉を聞いても何のことかさっぱりわからないと思います。
私自身も簿記を勉強するまで聞いたことすらない言葉でした。
貸借対照表、損益計算書とは事業の経理において利用される決算書類ですが、実は貸借対照表や損益計算書はどんな家庭の家計簿にも応用できるんです。
この記事では

  • そもそも貸借対照表、損益計算書とはどんなものなのか
  • どのように貸借対照表、損益計算書を家計簿に応用すればいいのか

この2点について紹介します。

目次

貸借対照表とは

事業の一定時点の財務状況を表した書類です。
英語にするとBalance SheetとなることからB/Sと略されることも多いため以降はB/Sとします。
B/Sは左右に項目を表示する形式になっており、左側が『借方』、右側が『貸方』と呼ばれます。
主に3つの要素によって構成されているので一つずつ紹介していきますね。

構成要素1.資産

資産とは金銭、預金、土地、建物、車両、債権などのことです。
B/Sにおいて資産は左側(借方)に表示されます。

構成要素2.負債

負債とは借入金、一時的に預かったお金、債務などのことです。
B/Sにおいて負債は右側(貸方)に表示されます。

構成要素3.純資産

純資産は資産と負債の差額で表現することができます。
文字通り純粋な資産のことで、資本金や利益が含まれます。
B/Sにおいては右側(貸方)に表示されます。

上記解説から
資産=負債+純資産と表現することが出来ますね。
つまり、資産というのは負債や純資産の合計のことなんです。

貸借対照表の家計簿への応用

B/Sは事業で使われる書類ですが家計簿にも応用することが出来ます。
コツは家庭における資産と呼べるものをすべて書き出してみることです。
それぞれの資産をどのようにして手に入れたのかを考えると負債や純資産についても書き出すことが出来ます。

例えば100万円の預金があるけど、そのうちの60万円は借り入れをしていた場合は

  • 資産として100万円
  • 負債として60万円
  • 純資産として40万円(差額)

上記のように表すことが出来ます。
これはローンを組んで車を購入したときなども同じ考え方です。
これでB/Sが出来上がります。

B/Sは純資産を把握することができるので家計簿において貯金が出来ているのかどうかを把握するための判断材料として最適です。

もう少し詳しい家計簿作成ノウハウについてはこちらの記事で紹介しています。

損益計算書とは

事業の一定期間の経営成績を表した書類です。
英語にするとProfit & Loss StatementとなることからP/Lと略されることも多いため以降はP/Lとします。

P/Lは収益と費用の要素から成り立つ表です。
企業などにおいては売上から経費を控除し、様々な段階での利益を表示する役割を持っています。

これを家計簿では売上ではなく給料、経費ではなく生活費用に置き換えて作成しましょう。

P/Lを作成することによって利益(貯蓄額)を算出できるので、家計簿にはとても役に立ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました