本業収入のみの会社員がふるさと納税してみた

今回は会社員としての給与所得のみの私がふるさと納税をしたときの流れを書いていきます。

年末調整の対象で確定申告が不要の方は参考にしてみてください。

ふるさと納税とは

そもそもふるさと納税とは居住地以外の好きな自治体に寄付をすることによって実質負担額2000円で返礼品がもらえる制度です。

2000円を超えた部分の寄付額が翌年の税額から控除されるので要するに税金の前払いです。

ですので2000円で返礼品がもらえるということがお得なんです。

楽天ふるさと納税

今回利用したのは楽天ふるさと納税です。

私は楽天会員に登録していてクレジットカードも持っているので楽天ポイント5倍で効率よく貯められるように0と5のつく日を選んで実行しました。

上記キャンペーンに参加するにはその都度エントリーが必要です。

ふるさと納税の方法

ふるさと納税をするときは楽天市場でふるさと納税と検索します。

すると金額や返礼品の種類などを指定して絞り込むことができます。

ふるさと納税と言っても普通に楽天市場で買い物するときと変わりません。

ワンストップ特例

購入手続きが完了してしばらくすると自治体から寄付金受領書が郵送されてきます。

おそらくそこにワンストップ特例のための書類が同封されているので

必要事項を記入して

チェックを2つして

本人確認書類を添付して

書類を返送しておきましょう。

この書類を返送することで確定申告が不要になります。

ちなみにワンストップ特例を使う場合、年に5つの自治体までしか寄付出来ません。

控除上限額を確認した上で上限額を超えないように計画的に寄付していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました