会計事務所(税理士事務所)の役割

Uncategorized

会計事務所とか税理士事務所って街でよく見かけるけど何をしている場所なの?

簿記に興味があるから会計事務所への就職を考えてるけどどんな仕事をするの?

会計事務所や税理士事務所って街でいくつも見かけますよね。
大きいところから小さいところまで事務所の規模も様々です。
では、会計事務所って一体何をしてるところなんでしょうか?
この記事では会計事務所に二年間勤務していた筆者が会計事務所の業務内容について紹介します。

目次

会社に勤めているほとんどの人は直接関わることがありません

会計事務所の主な業務は以下の通りです。

  • 記帳代行
  • 経営相談
  • 税務代理
  • 税務調査対応

顧客はほとんどの場合、個人で仕事をしている個人事業主、もしくは法人がメインになります。
そのため、会社に雇われている経理職以外の人と直接関わりを持つ機会はほとんどありません。

記帳代行

顧問先から通帳、レシート、領収書、請求書、クレジットカード明細などをお預かりして帳簿を作成していきます。
帳簿の作成と言っても会計ソフトへのデータ入力作業が一般的です。
一ヶ月分の資料をお預かりして月次試算表を作成し月に一回報告します。

経営相談

月次報告で顧問先に伺ったときに同時に経営相談をすることが多いです。
この時にお話しするのは法人の場合、経営者か経理担当者でしょう。
そういった方々と対等以上に話すために税務会計の勉強は常にしておく必要があります。
もし回答できないことがあれば一度持ち帰り、調べておく必要があります。

税務代理

法人税、所得税、消費税、贈与税、相続税などの申告書を作成します。
所得税については担当している顧問先の従業員の年末調整をすることもあります。
申告書の作成は非常に専門的な分野で実務を経験しないと理解することが難しいです。
しかし、日本中どこでも通用するスキルであるため、経験する価値が大きい業務だと私は思っています。

税務調査対応

事業を続けていると税務調査が入ることがあります。
調査官は税金のプロなので、対応する側も相応の知識を持ち合わせる必要があります。
しかし、企業の経理担当のレベルによっては不利な調査をされてしまうかもしれません。
そんな時に税理士に同席してもらうことで企業にとっても心強く、調査官にとっても調査をスムーズに進めることができるのです。
税務調査対応税理士の独占業務でもあります。

会計事務所で働くのに必要な資格は?

会計事務所での業務は簿記の知識が必要になります。
少なくとも日商簿記検定3級程度は合格していることが好ましいでしょう。
税理士資格は会計事務所の従業員として働くうえでは必ずしも必要というわけではありません。

繁忙期は?

会計事務所に勤務していて最も忙しいのは12月の後半から3月中旬にかけてです。
事務所によってはこの期間だけ土曜日を出勤日と定めている場合もあります。
なぜこの期間が忙しいかというと所得税の年末調整や確定申告がある為です。
法人であれば事業期間を任意で定めることができますが、個人は1月1日から12月31日と決まっていて仕事が集中してしまうのです。

まとめ

  • 会社員や公務員、所得が無い人はそもそも関わることがありません。
  • 事業主や経営者と関わることが多く、コンサルタントのように相談を受けることがあります。
  • 従業員として勤務する分には税理士資格は必要ではありません。
  • 年末調整や確定申告期間は忙しくなります。

いかがでしたでしょうか?
会計事務所という言葉は知っていても何をするところか知らなかった方が多いと思います。
この記事を読んでこの業界のことを知る人が増えれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました